お金を持っている女性

リスクを避けて選ぶ

不動産投資信託として、不動産の新たな投資の方法ができています。小口から投資に參加がすることが出来ますが、投資信託にはリスクもつきまといます。上場廃止、倒産といった企業が持つリスクも考慮して選びましょう。

» Read more

取引商品を選ぶ

不動産投資信託の取引に参加して利益を挙げるには、物件や不動産を見極める必要があります。オフィスビル、マンション、ホテル、商業施設、様々なタイプの不動産や取引商品があるので、どれが利益をあげられるかを見極めましょう。

» Read more

法人での参加

不動産投資信託は、法人を介して参加することが出来ます。その際に、税制や売買手数料を把握しておくことが重要になります。費用と税金、配当金の割合を正確に把握する事が、投資信託で利益を挙げるポイントの一つです。

» Read more

海外物件への投資

不動産投資信託であるJ-REITでは、法の一部改正によって、これまでは取引が出来なかった海外の不動産へ投資を行うことが可能となりました。海外の不動産であれば、国内での投資より物件売却による利益が大きいのが特徴です。

» Read more

小口から參加

不動産の投資は注目されているビジネスで、株やFXといった他に物とは違い、運用次第によっては堅実に儲けを出すことが出来るビジネスとして人気です。
不動産の投資には、収益物件、賃貸物件の経営や、不動産の売却といったものが主になります。
しかし、不動産は価格も比較的高く、ある程度安定した地位や収入がないと、銀行からの融資もおりず、なかなか投資に參加することが出来ません。
マンションの投資は区分所有で一部だけを持つことも出来ますが、一部屋だけでも何千万とすることもあり、なかなか手が出しづらく、躊躇する方も多いです。
そこで、個人の投資家が小口で投資ができる不動産投資信託と呼ばれるビジネススキームという方法があります。
J-REITとも呼ばれているこの信託は、オフィスビル、マンション、商業施設と言った比較的大きな不動産を、複数の投資家から資金を募って購入し、その収入を投資家に配当金として分配する投資のビジネスです。
この方法では、不動産の投資というよりも投資信託に性質が近いのが特徴です。

この不動産投資信託のメリットとして、小口の投資で參加ができるので、複数の不動産投資信託に參加することで、分散投資が可能になります。
そして、不動産や物件は、プロにより運営がされるので比較的安定した運営が期待できます。
特にJ-REITについては、証券取引所に上場しているので、換金性が高い事もメリットの一つです。
より安定した収入が得られる可能性が高いこともこの投資信託のメリットと言えます。