リスクを避けて選ぶ

株式や外貨等で資産運用をしてある程度の資産ができてきたのであれば、中古ワンルームマンションや中古ファミリーマンション等に投資をすることを考えるのも選択肢の1つです。
不動産投資は他の運用と異なり、資産運用において、唯一、長期にわたって借入をすることができる運用商品です。
借入をすることで総資産を膨らませることができるので、その分、運用効率も上がり、今まで以上に収益を稼ぐことができます。
また、不動産はインフレーションにも適応しています。
家賃をもらい続けながら、物件価格が上昇してくる時期を待つという戦略も立てられます。
デフレーションの時期にはじっと家賃をもらい続けていれば良いのです。
含み損を抱えているからと言って賃料が下がるわけではありません。

また、不動産を保有していることで別の効果もあります。
それは金融機関からの信用度が高くなるということです。
金融機関はまだまだ不動産を担保にして融資をするという姿勢は変わってきていません。
そのため、投資物件をたくさん保有すれば保有するほど、金融機関がお金を貸したがってきます。
もちろん、確定申告においてしっかりと税金を支払っていることが前提となります。
金融機関が融資をしたがる状況になれば、資産は加速的に増えていきます。
より多くのローンを組むことができるわけですから、運用資産も増えるのです。
しかし、借りすぎには注意しましょう。
自分にとっての適度な借入割合がどの程度なのかをしっかりと見極めたうえで資産を増やしていくことが重要です。